Japanese (日本語)

BOTリング

長寿命の圧力パッキンリング

  • パッキンシールの圧力バランスを向上させることで摩耗を均一化
  • ピストンロッドの表面温度低下により寿命延長を達成
  • ピストンロッドの低摩耗

BOTリングは、さまざまな圧縮プロセスにおける新型および改造レシプロコンプレッサーの圧力パッキンで使用されています。一般的な用途には重量ガスおよび空気圧縮などがあります。

ホルビガーのBOTリングは、ラジアルリングとタンジェンシャルリングのペアリングであり、その特殊な構造によりタンジェンシャルリングの急速な摩耗を防ぎます。また、この特殊な構造によって、圧力パッキン内の全てのリングにかかる圧力バランスが均一化され、結果、かかる圧力が低減します。これにより各リングの負荷の差が削減され、寿命延長および信頼性が大幅に改善します。また、パッキンの摩擦と温度は低減し、コンプレッサーの効率と寿命が向上します。

圧力の均一化は、特殊なL字型形状のタンジェンシャルリングを支えるラジアルリングによって実現します。また、優れたトライポロジー性能を発揮し、摩耗と摩擦によるロスを最小限に抑えられる材質を選びます。これにより、最高ピストン平均速度6 m/s、最高温度200°C、最高圧力100 barが可能となります。BOTリングは直径14~200mのピストンロッドでご使用いただけます。

技術データ

BOTリング 最小 最大
ピストンロッド直径 14 mm 200 mm