Japanese (日本語)

プレッシャーブレーカー&バックアップリング

メインシールリングにかかる圧力変動を緩和

  • 長寿命
  • 差圧20bar以上で優れたシール性能
  • あらゆる用途に対応可能な材質

差圧が20bar以上の場合に必要となるプレッシャーブレーカーリングは、メインシールリングへの負荷を最小化し、パッキンに汚れが侵入するのを防ぎます。このメインシールリングは、工業用ガスやプロセス産業だけでなく、PETボトルブロー成形や、産業用エアーにおけるエアコンプレッサーなど幅広い用途で使用されています。

プレッシャーブレーカーリングには、ガスが溝を通ってシリンダーからパッキンに流れ込むのを制限する単動リングと、また吸入サイクルの間にパッキンからシリンダーに流れ込むのを制限する複動リングがあります。これらのリングは通常、20bar以上の差圧がある場合に必要です。プレッシャーブレーカーリングの材質は、鋳鉄、青銅、PTFE、PEEK、およびその他の高強度ポリマーが採用されています。

技術データ

バージョン 用途に応じて単動リングまたは複動リングを使用。高圧の場合、最大2カップの圧力パッキンをプレッシャーブレーカーリングと組み込むことが可能
差圧 20 bar以上で必要
材質 鋳鉄、青銅、PTFE、PEEK、およびその他の高強度ポリマー