Japanese (日本語)

CPバルブ

  • "Compression at the next Level."

少ないメンテナンスと省エネルギーのコンプレッサー運転

  • 酸素および低温アプリケーションで使用
  • 最適空気力学
  • 非金属バルブプレート

CPバルブはホルビガーバルブにおける最新の革新的製品です。使用分野には、化学、石油化学、製薬、医学、エネルギーセンサー、電子機器などの産業が含まれます。工業用ガスの圧縮にはCPバルブが最適であり、これらの他にも、LNG、エチレン、プロピレン、およびプロパンガスの液化システムでも使用されています。CPバルブは最高の効率と強度が特長です。従来のコンプレッサーにCPバルブを採用することで、システムの経済性の向上が可能となります。

空気力学に基づいてプロファイルされたCPバルブのバルブプレートには、ホルビガーの研究によるカーボンファイバー充填非金属材を使用しています。これにより、メンテナンス費用を抑え、耐用年数も向上します。また、金属製バルブプレートの破損で起こる二次破損を防ぎます。さらには、極度の作動負荷に耐えられるよう開発された専用スプリングと回転防止装置の統合が、このバルブの革新的な特長の一つです。回転防止装置を統合したことで、コンプレッサーの付加変動が頻繁な環境においても、信頼できるバルブの開閉作動を提供します。

CPバルブは最大速度1800rpmまでのコンプレッサーに適し、サイズは直径79~212mmをご用意しています。バルブリフトは最小1mm、最大2.5mmで、アイドル制御と連続制御のいずれも可能です。最高圧力50bar、差圧30barにおいて使用温度範囲は-200~+210℃であり、幅広い領域で使用可能です。 圧力損失および使用する一次エネルギーが少ないため、システムの経済性と効率が向上します。競合製品と比較して最大9%の省エネルギーが可能です。

技術データ

CPバルブ 最小 最大
圧力 50 bar
差圧 30 bar
温度範囲 -200°C +210 °C
回転速度 1800 rpm