Japanese (日本語)

圧電制御バルブ

流体制御プロセス

  • 柔軟性 – 低消費電力により非常に幅広い用途に使用できる
  • 安全 – 自己加熱性がないので、メインテナンスが不要(追加冷却システム不要)
  • コンパクト – 軽量設計が、高いダイナミックスと解像度を実現

弊社の医学技術アプリケーション向け・圧電技術の最大の魅力は、低い駆動電流、コンパクトな軽量設計、そして非常に優れた耐久性です。

バルブの最小電力消費量は、高度なソリューションの妨げにはなりません。医療技術では、空気量、ガス量、および液体量の精密な測定が求められるだけでなく、流動率、温度、圧力という部分では最大限の柔軟性と正確さが必要です。

有数の医療技術メーカーは流体制御プロセスにおいてホルビガーの圧電バルブ技術を採用しています。この技術が集中治療患者や未熟児の安全換気、正確で非侵襲的な血圧測定、および信頼性あるオペレーティングシステム機能を保証します。