Japanese (日本語)

性能、優位性、フォーカス

2003 年、ホルビガーは全社員を対象にした『企業文化に関するアンケート』を初めて実施しました。その結果を元にホルビガー社の信条である -パイオニア精神、勇気、親密、公正- を掲げたのです。ホルビガーブランドとして一新されたロゴには「パフォーマンスに意義がある」というモットーも付け加えられています。

2005 年、企業構造の体系が強化・拡大されました。人事部、コミュニケーション、リサーチ & 開発、事業開発、そしてITなどの拡大された企業機能に伴って、社外・社内の両面においてそのブランド名を強化させました。

2006 年、ホルビガーは『いち企業グループ』という昔からのイメージの改革に着手しました。3 つの事業ユニットと、以前は独自運営をしていた世界中のホルビガー支社が、翌年から統一されたホルビガーブラント として製品ラインナップとサービスを提供するようになりました。

2007 年、ホルビガーグループは「スタンダードを確立」という新しいビジョンを掲げました。2009 年と

2010 年にグローバルマネージメントチームは、グループの成長・発展のために新しいミッション「優位性 & フォーカス」を策定しました。

2012 年、執行委員会は企業とリーダーシップにおける新しいガイドライン、「共に」を作成しました。

2013 年、執行委員会はグローバルストリームプログラムを設立しました。その目的は、高い信頼性、効率性、そして柔軟性があるIT アーキテクチャを活用しながら、3 年間でホルビガーのプロセスロジックをグローバルレベルでスタンダード化させることです。弊社の事業プロセスと連結している IT インフラのみが日々の業務における円滑なチームワークを実現させます。