Japanese (日本語)

世界規模の金融・経済危機

ホルビガーグループ

2008年、ホルビガーグループも世界的な金融・経済危機によって引き起こされた不況からの圧力を受けました。2009年には販売高が7億7200万ユーロにまで落ち込み、グループの歴史の中でも初めて業績が悪化しました。

しかしながら、ホルビガーは将来への投資を続けました。2009年1月には、コンプレッション・テクノロジー事業部門はアメリカ・オハイオ州ジラードのAltronic社を買収し、産業用ガス駆動エンジン向けイグニッションシステムの世界的な主要メーカーとなりました。

それと同時に、ホルビガー・コンプレッション・テクノロジーのサービス部門は、カナダ・アルバータ州スプルース・グローブのTritech Compression社を買収したことにより、コンプレッサーとガス駆動エンジンのメンテナンス、修理、効率向上のサービスがより充実して出来るようになりました。

同じく2009年のGala社コンプレッサーバルブ事業の買収により、ホルビガーは世界中の冷却およびエアコンマーケットにおいて、完全密封型コンプレッサー用バルブおよびバルブプレートの主要メーカーとしての地位を確保しました。

2010年、ホルビガーは金融・経済危機以前の2008年に発足した全てのストラテジック・ビジネス・ユニットにおいて、引き続き包括的な再構築プロセスを成功裏に行いました。

世界の経済危機

"HOERBIGER Yearbook 2009 Cover"