Japanese (日本語)

再建、グローバル化、ファウンデーションの設立

マルチナ・ホルビガー Martina Hörbiger

第二次世界大戦以前にも、ホルビガーはドイツ、イタリア、イギリスに営業支店を構えていました。1947年、マルチナ・ホルビガーは国際化の復活に乗り出し、まず初めにヨーロッパ、その後アメリカ、アフリカ、アジアに進出しました。

1950年末までに、ホルビガーは北米において独自の流通システムを発展させ、1963年にはホルビガー・アメリカを設立し、生産事業を展開しました。1970年に、日本にホルビガー日本が設立され、まず台湾、韓国、中国との交流が始まりました。

コンプレッサーバルブの開発と製造についての専門知識を強みに、1971年にホルビガーはレシプロコンプレッサーのメンテナンスと修理を実施するサービス拠点を世界的ネットワークという組織的な構築にすることを決定しました。これにより、ホルビガーは競合他社から一歩リードした存在となります。

長期間にわたる会社の拡大と発展を目的とし、マルチナ・ホルビガーは1982年にホルビガーのグループ企業を維持する形で、ホルビガーファウンデーションをスイスに設立しました。

その後数年間にわたり、ホルビガーファウンデーションはグループ企業をホルビガーグループとして発展させるサポートをしました。このため、ホルビガーファウンデーションは企業の収益の大部分を確保したり、またはグループの長期的な安定のために投資したのです。