Japanese (日本語)

コミュニケーション

互いにオープンで誠実な対応

オープンなコミュニケーションは重要です。明確な合意が社内・社外における協力の基礎を築きます。

私たちは互いにオープンに、そして誠実に対応します。同僚と議論を行うときは、互いに意見を出し合います。

互いに批判をするときは、理解や認識の欠如によるものだとは見なさず、常により良い結果を得るための課題としています。

上級管理者は自身の知識と信念において、できる限り包括的な情報を提供します。また、全従業員がその内容を理解できるよう決定事項を説明します。

社内・社外かかわらず誰とどのような状況で顔を合わせても、私たちは常にホルビガーの一員です。

Ludwig Schoenefeld
Head of Corporate Communications