Japanese (日本語)

グループへの道のり

ホルビガーグループ企業

1989年にマルチナ・ホルビガーが他界し、それに伴って管理能力に優れた創業者も失われました。

その後の経営者主導型への移行はマルチナ・ホルビガーが指名した評議会、または評議会により設置されたグループ企業の新しい経営管理者にとって容易なことではありませんでした。

新しく構成されたコンプレッション・テクノロジー、オートメーション・テクノロジー、そしてドライブ・テクノロジーという事業部門に全グループ会社を割り当てるという非常に重要なグループ企業再構築の過程で信頼を与えることがカギでした。

1997年、スイス・ツーク州にてホルビガー・ホールディングはグループ企業の親会社になりました。そしてホルビガー・ホールディングの取締役会および執行委員会がグループの新しい管理組織になりました。