Japanese (日本語)

発明者と先駆者

ハンス・ホルビガー Hanns Hörbiger 

ハンス・ホルビガーによって発明されたスチールプレートバルブは、1895年に特許を取得しました。バルブプレートは、ガス圧力が十分に高くなると開き、スプリング圧力がガス圧力より高い間は閉まっています。

ホルビガーのスチールプレートバルブは溶鉱炉に送る風力技術の向上を推進し、現代の高圧化学の発明への道を開きました。そのためスチールプレートバルブは20世紀初頭、産業開発における主要技術の一つとなりました。

1900年、ハンス・ホルビガーはエンジニアのフリードリヒ・ヴィルヘルム・ログラーとともに、ブダペストにエンジニアリングオフィスを設立しました。そして1903年にこのオフィスをウィーンに移転します。

その後数年間、ハンス・ホルビガーはひたすらスチールプレートバルブの機能強化に専念しました。彼のオフィスは、国内外のビジネスパートナーに技術の使用許可証を発行しました。

1925年、エンジニアリングオフィスはウィーンに本社を置く商社のホルビガー(HOERBIGER & Co.)となりました。