Japanese (日本語)

爆発安全弁

粉塵アプリケーション用 爆発安全弁:

プラント停止のない信頼性の高い爆発プロテクション

  • 信頼性の高い火炎遮断と圧力放散
  • 応答が極めて速い
  • 圧力放散後の迅速な閉鎖
  • ほぼメンテナンスフリーで長期間使用可能

コンテナ、サイロ、コンベヤーシステムなど、微粒子媒体の生成・処理・輸送・貯蔵を行う場所では爆発が発生する可能性があります。このような現場では、スタッフと設備を確実に保護することが重要です。ホルビガーの爆発安全弁は、効率性の高い卓越した保護を提供します。 コンパクトで真空耐性を持つホルビガーの爆発安全弁・EVN 2.0モデルシリーズは、数十年にわたって適用されてきたEVNバルブの強化モデルです。最新のEN 16009基準(火炎遮断型爆発放散装置)に従ってテストを行い認証されています。

ホルビガーの爆発安全弁は爆発発生時、軽量なバルブプレートが使用されていることで僅かな圧力差でも瞬時に作動します。フレームアレスタが一体化されているため、確実に火炎を遮断し、圧力放散が行われます。爆発後には瞬時に密閉させ、二次爆発または二次火災のリスクを減らします。標準化された開弁検出機能により、オペレーターはどの様な事象も把握することが可能です。 新しいEVモデルシリーズはEVN 2.0バルブに代わるコスト効率が高いバルブです。EVモデルシリーズはEVN 2.0バルブと同様の確実な爆発プロテクションに加え、コンパクトな真空耐性の構造によるメリットがあります。従来の圧力放散システムと比べて、さらに向上した効率性と大幅に低減した火炎伝播は、EN 14797(爆発放散装置)認証済み・ホルビガーEVモデルシリーズの大きな優位性です。

運転を中断させずに連続使用

ホルビガーの爆発安全弁は、複数回の爆発にも対応するよう設計されている世界唯一の圧力放散バルブです。修理を必要とせず、システムは継続して稼働することができます。

ほぼメンテナンスフリーで、長期にわたって爆発時の圧力放散を確実に行います。

技術データ

モデル mm
EVN2.0 266~735 mm
EV 266~735 mm
開口面積 cm2
EVN2.0 499~3905 cm2
EV 499~3905 cm2